情報を収集し、情報を蒸留させて情報の純度をあげる。その情報を活用することで、人は金持ち、モテモテになる。(DPR100D・QCAR手法)

米国投資

皆さんに勝ち続けるアルテマインベスターZの株式投資や物事についての基礎的な思考術を伝授する。

人生を成功したい方は参考にしてほしい。

段階➀ とにかく参戦する(Do)

とにかく市場に参戦しないと収益が得られないので、

まずは、自分の思う通りに行動してみる。

段階➁ ➀の結果をもとに仮説を立てる(Plan)

まずは、仮説を立てることから始めてみよう。

段階 ③仮説を過去の定量的なデータをもとに正しいかを調べる(Rearch)

インターネットという便利なツールがあり、大抵の既存の情報はインターネットの

中にあり、自分の仮説が本当に正しいのかを確認する。

段階④ 仮説を実行する。100pattern (100 Do)

ここからはトライである。実際にトライをしてみて、

仮説か正しいか、うまくいくかを確認する。

段階⑤ 結果を定量化する。(Quantification)

得られた結果を定量評価し、③の過去の定量的なデータをもとに正しいかどうかを調べる。

段階⑥ 定量化した結果を考察する。(Check)

検証をした結果が仮説の内容に対して乖離がないか確認をする。

乖離がある場合は段階⑦に進み、乖離がない場合は、段階⑧に移行する。

段階⑦ 考察をもとに仮説を修正する。(Action)

考察をもとに仮説を修正する。

段階⑧ ➁~⑦を繰り返す。(Repet)

結果の良い銘柄をXとすると、1回実施することでx/100、2回繰り返すとx/10000、3回繰り返すとx/1000000となり、より、純度の高い情報を得ることができる。

アルテマインベスターはだいたい3回以上は繰り返す。

そのため、100万分のXの非常に濃度の高い情報であり、そこら辺のインフルエンサーや株式投資家のプロよりも高い精度の情報を得ることが可能である。

以上、行動力と分析力を生かし、多くのデータを収集し、情報を蒸留させることで、不純物を排除し、高濃度なエッセンスを得ることができる。

このDPR100D・QCAR手法は、投資、恋愛、研究など、すべての追求すべき分野で活用することが可能である。

https://www.winvestr.com/?p=80

コメント

タイトルとURLをコピーしました