アメリカの超絶エリート集団が所属する5万社の会社に投資することで間接的に5万社の会社のオーナーになってみたらどう?

米国投資

通常、数社の株を持つことは普通だが、

特殊な株の買い方をすることで、常識では。ありえない数の

会社の株式を購入することができ、数多くの会社のオーナーになることができる。

その方法とは、

ETF(Exchange Traded Fund)という上場投資信託の

商品を購入することで多くの投資をすることができる。

上場投資信託は投資信託の一種で、投資信託を株のようにいつでも売買が可能な商品である。

アメリカには、数多くのETFが販売されており

現在2,354本のETFが米国市場で上場しており、普通に楽天証券やマネックス証券、SBI証券

で購入できる。

そういったETFは1株数十ドル~数百ドルで購入でき、

1株のETFで10社から8000社程度の分散投資が

できるという大きなメリットがある。

そのようなETFを少しずつでも買い集めることで、

数多くの会社に分散投資することができる。

例えば、

ヴァンガード社のVOO(Vanguard 500 Index)は

S&P500と呼ばれる500社から構成されたETFである。

YYYは、Amplify High Incomeで30銘柄の債権を扱う銘柄になる。

アメリカ全体を投資するVTにおいては、8000社で構成される銘柄になる。

世界全体の銘柄に投資するVTIは、4700社から構成される。

こういったETFをそれぞれ購入することで、

アルテマインベスターITOKINは約五万社の会社の株を間接的に購入している。

私は、5万社の会社を従えて、永続的にインカムゲインと現金化するときに

株式売買益によるキャピタルゲインを享受している。

だから、1社つぶれようが、何社つぶれようが、

大きな影響は少ない。

また、ETFのメリットとして自動損切の特性を持っており、

ETFのポートフォリオの中で成績の悪い銘柄はほかの成績の良い銘柄に

自動で入れ替えが起きるので、つぶれてもまたよみがえる

無限ゾンビのような強さを持っている。

君の代わりにグーグルやAmazon、マイクロソフトで働くエリートたちが

一生懸命お金を増やしてくれる。そんなシステムを構築することができる。

そうすることで。必然的にお金持ちになれるはずだ。😄✨

コメント

タイトルとURLをコピーしました